ロレックスの時計は男の憧れ

ロレックスの時計は男の憧れ

ロレックスの腕時計は永遠の男の憧れです。多分私の場合10代の頃からロレックスには憧れていた思い出があります。しかし、当然ながら10代の私がロレックスをしても似合わないだろうし、購入する資金もなかったのでロレックスの時計を購入することはありませんでした。

 

その後時は過ぎ、20代前半の時に最初のロレックス購入のチャンスが訪れました。その時は結婚3年目の時で、私の誕生日でした。当時私の仕事はガテン系でロレックスなどしてもすぐに傷つけてしまうので購入を躊躇していたのですが、妻がどうしてもプレゼントしたいと懇願してきたのです。

 

当然すっと憧れていたものなので、嬉しさはありましたが、その値段を考えると子育てのことが頭をよぎりとうとう購入するには至りませんでした。

 

それから更に時は過ぎ、私が30代中盤の頃です。再びフォーマルようの時計が壊れてしまったので、ロレックス購入の機会が訪れました。今度は資金もあるし、買いたいのもミルガウスと決めていたので、あっさりと購入できると思っていたのですが、またもや邪魔が入ったのです。

 

その邪魔とは車が急に壊れてしまったのです。すぐに修理に出したのですが、治すのにものすごい高額の見積もりが出たので新車を買おうという結論に至りました。

 

何だかんだでまだ買えていまえんが、必ずいつか買おうと思っています。